vaovaoのダバオ生活日記

                    ダバオに住む女子大生のvaovaoだよ。セブとダバオのリアルをお届けしていくよ。

まさかのフィリピンに不法滞在?!〜ビザの更新の方法と更新を忘れた時の対処法〜

こんにちは

 

不法滞在の疑惑があったdavavaovaoことvaovaoです。

結論から言うと、疑惑ではなく、不法滞在をしていました。ばおばおばお・・・

 

今回は、不法滞在をしてしまった時の対応策とビザの更新について合わせてお知らせします。

f:id:davavaovao:20161210220949j:plain

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そろそろビザの更新をしないとな、とある日買い物をしながらふと思っていました。

いや、待てよ。確か、ビザの更新は2ヶ月に一回だったよな・・・

前、更新したのは9月下旬。

えっと、今日は何日だったかな・・・

何日というよりも12月に入っている・・・

これは、不法滞在をしているのかも・・・脳裏に嫌な言葉が浮かびました。

買い物をさっさと切り上げて、すぐ帰宅してパスポートを見てみました。

案の定、期限は切れている。しかも、なぜか前回の更新は1ヶ月だけになっている。

うわ・・・どうしよ・・・

フィリピンで不法滞在とか、やばくない?!!捕まるんかな。

ばおばおばお・・・・・・・・

とりあえず、落ち着いて、情報収集しよ。

 

罰金で済むのかな。罰金いくらなんやろ。1ヶ月500ペソ?それとも、1日500ペソ?1000ペソ?いろんな情報が。

1日1000ペソやったら2万ペソ(約4万6千円)か。いたいな・・・

 

イミグレーションに行くのか、日本大使館に行くのか。

とりあえず、イミグレーションに行くみたい。

 

不幸にも、この日は金曜日の夜。イミグレーションは平日しか開いていません。

ということで月曜日まではあがいてもむだ。

 

さて、月曜になりました。

 

イミグレーションに行きましょう〜

【場所】

ビクトリアプラザモールの道路を挟んだ向かいにあります。

f:id:davavaovao:20161210161927j:plain

ビクトリア・プラザ・モール

ビクトリア・プラザ・モールの真ん前にあります。

f:id:davavaovao:20161210162650j:plain

イミグレーション。フィリピンの国旗が目印です。けっこうわかりやすいと思います。

<地図> 

f:id:davavaovao:20161210161801p:plain

Google マップはこちらから〜

<住所>

JP Laurel Avenue, Bajada, Davao City, Davao del Sur, J.P. Laurel Ave, Poblacion District, Davao City, Davao del Sur

<電話番号>

(082) 228 6477

 

【持ち物】

・パスポート

・パスポートのコピー2枚(顔写真のページと最後にイミグレーションに行った時に貼ってもらった黄色いシールが貼っているページのそれぞれ1枚)

*最後にイミグレーションに行った時に貼ってもらった黄色いシールが貼ってあるページのコピーは更新し忘れていたので必要だったのかもしれません。確か、前回は必要ありませんでした。

・多めの現金(カードは使えないので、現金ペソを用意しておきましょう)

*ATMは向かいのビクトリア・プラザ・モールの1階にあります。

 

さて、中に入ってみましょう〜

入り口にいたガードマンに「ショートパンツはダメ」と言われて、入れませんでした。悲し・・・

一回、家に帰って長ズボンに履き替えて、また戻って来ました。

*ショートパンツやサンダルでは中に入れてもらえません。

 

気を取り直して、中に入ってみましょう〜

まずは、一番左の窓口の「EXTENTION」に行きます。いよいよ更新することを告げます。なんて言われるんやろ。なんか色々聞かれるんかな。

f:id:davavaovao:20161210174025p:plain

 

ここで、「ビザを更新することを忘れてたんですけど・・・(I'm sorry but I forgot to extend my viza...)」とスタッフのお兄ちゃんに言いました。

なにしなあかんねんやろ・・・ドキドキ・・・

すると、

お兄ちゃん:「え、?!ぼく、きみにメッセージ送ったよ?気づかなかった?笑」

vaovao:「(そんなの届いてない)来てないよ。」

お兄ちゃん:「来てない?!まあ、そりゃそうだ。ぼく、きみの番号知らないや。」

なんやねん。こっちは切羽詰まって話してるのに。

お兄ちゃん:「ちょっとパスポート見して?あー、おっけ。1500ペソやけどいい?」

いいもなにも、それだけでいいのか。安心。

1500ペソ(約3450円)はいたいけど、予想していたよりは少なくて良かったです。

 

〜ここからは、ビザの更新と同じ手続きです。〜

 

「EXTENTION」のところでパスポートとパスポートのコピー2枚を渡します。

 

コピーをし忘れた!という時は、イミグレーションを右に出て、徒歩30秒くらいのところのコピー屋さんでできます。

f:id:davavaovao:20161210184053j:plain

コピー屋さん。スタッフにコピーしたいというと、1枚2ペソ(約5円)でしてくれます。

「EXTENTION」でパスポートとパスポートのコピー2枚を渡すと、申請用紙をくれます。

f:id:davavaovao:20161210185204p:plain

記入して、また「EXTENTION」のところに持って行きます。

 

あとは、名前を呼ばれるのを待つだけ。

この部屋はエアコンもテレビもあるので快適です。

それと、アメリカ人らしきお腹の大きくて赤のポロシャツを着た男性が真っ赤な顔をして怒っていました。なんか聞いていると、必要な書類が足らず、ビザの更新がうまくいかないようです。

このように、この部屋の中は英語が飛び交っているので英語の練習になります。

15分くらい待っていると、名前が呼ばれました。

ここで、お金を払います。

f:id:davavaovao:20161210213114p:plain

ビザの更新代は2ヶ月で5270ペソ(約1万2120円)でした。

そして、

不法滞在にかかったお金

f:id:davavaovao:20161210213240p:plain

こちらは、1500ペソ(約3450円)でした。

合計、6770ペソ(約1万5570円)でした。

お金を払い終わると、ちょっと座って待つように言われます。

待っていると、再び名前が呼ばれ、

パスポートと証明書をもらいます。

f:id:davavaovao:20161210214421p:plain

証明書

さっきのお兄ちゃんがくれました。

vaovaoが「独身」のところにチェックを入れているのを見て、

お兄ちゃん:「きみ、独身なの?!なんで?」

と聞かれました。なんで?とか言われても、独身なんは独身なんや。と思っていると、

お兄ちゃん:「彼氏はいないの?」

口説いてきました。笑

明るいこのお兄ちゃんのおかげで、イミグレーションに行くことにビビっていましたが何にもなかったかのように、スッキリしました。

 

こんなやり取りの後、真っ先に、次の更新日を確認をして、今度こそは忘れない、と思い、スケジュール帳に書き込みました。

 

 

みなさんもビザの更新は忘れないでくださいね。でも、忘れた時は慌てずに、イミグレーションに行きましょう。きっと、明るいお兄ちゃんが対応してくれますよ。

 

ばおばお〜