vaovaoのダバオ生活日記

                    ダバオに住む女子大生のvaovaoだよ。セブとダバオのリアルをお届けしていくよ。

ジプニーでダバオを制覇しよう!ジプニーの乗り方・ルート・料金

こんにちは。


最近、記事を書くことにはまってきたdavavaovaoことvaovaoです。


今回は、ダバオのジプニー(Jeepney)の乗り方について説明します!

乗り方がマスターできれば、格安でいろんなところに行くことができますよ!

f:id:davavaovao:20161028204621p:plain

 

ジプニーとは?


ジプニーとは、フィリピン全土で見られ、乗合タクシーのようなもので、地元の人の主要な交通手段です。15人前後が乗れます。つくりは、軽トラを改装したようなものです。と言っても、ジプニーはいろんな形やデザインがあり、運転手の好みがデコレーションで表されています。日本のデコトラのような感覚でしょうか。


車体に馬が乗ってるジプニーもあります。なんだかかわいいですね。

f:id:davavaovao:20161029142002p:plain


vaovaoはセブにも半年いましたが、セブのジプニーの外装のデザインの方が凝っているような気がします。スパイダーマンの絵を車体全体に描いているジプニーを見たことがあります。

それに比べ、ダバオは2〜3色塗りのジプニーが多く、行き先ごとにデザインの系統があるような気もします。

 

 

ルート


それぞれのジプニーは決まったルートがあり、車体の側面に出発地・主な経由地・終点が書かれています。

f:id:davavaovao:20161028210647p:plain


主に、“SASA”、”ROUTE 4”、”ROUTE10”、”BUHANGIN”などの終点が車体の側面やフロントガラスの上に書かれたジプニーがダバオでは走っています。

f:id:davavaovao:20161028211718p:plain

しかし、車体に書かれれている経由地に本当に行くかは不確かです。ですので、フロントガラスに掲示している経由地を確認しましょう。

 

 でも、

経由地の名前を見ても目的地に行けるかわからん・・・

 

そんな時は

 

なんと、ジプニーのルートをオフラインで検索できるアプリがあります。このアプリを使うと、どのジプニーに乗ればいいのか一目でわかります。

*ただ、iPhoneではダウンロードできません

play.google.com

 

 

乗り方


バス停のような停留所もありますが、あまり停留所は見かけません。停留所以外の場所でも自由に乗り降りすることができます。
フロントガラスに書かれている経由地を確認して、目的地に行くジプニーを見つけます。

目的のジプニーが来たら、タクシーを止めるときみたいに、手を挙げれば止まってくれます。

 

運賃


初乗りは8ペソ(約18円)です。大体の区間は8ペソで行けます。

安いですね〜

タクシーで100ペソ(約230円)くらいかかる距離でも8ペソで行けるのでお得です。

 

f:id:davavaovao:20161028212029j:plain

ほとんどのジプニーに運賃表はありませんが、たまたま見つけました。5Km以上になると、値段が上がっていくみたいですね。


*お釣りがあるかわからないので、あらかじめ、小銭を用意しておきましょう。お札の場合でも、20ペソや50ペソだとお釣りは返ってくると思いますが、100ペソになると、お釣りがない場合もあります。

 

お金は、日本のバスのように運賃箱はなく、運転手に直接渡します。払うタイミングは、降りるまでに払えばいつでもいいです。

座っている位置が手を伸ばしたときに運転手に届かなければ、運転席に近い乗客が手を伸ばしてくれ、運転手までバケツリレーされます。また、お釣りがある場合は、その逆で、運転手から乗客に渡り、返ってきます。


運賃を渡すときは、

バイヤード オ (降りるところ)、(乗ったところ)、ギーカンと言います。
*バイヤード・・・払います
 ギーカン・・・〜から乗りました


例えば、アブリーザモールからSM Lanang まで乗ったとします。
そのときは、バイヤード オ SM Lanang、アブリーザ、ギーカン

(アブリーザから乗ってSM lanang までの運賃を払います)と言えば、オッケーです。

また、バイヤード (降りるところ)と言うだけでも通じます。しかし、たまに、どこから乗ったのか聞いてきますが。

 

降り方


目的地に着いたら、パーラー(降ります)と言えば、止まってくれます。
その他に、天井や天井にある手すりを叩いて音を鳴らすと運転手が気づき、止まってくれます。

 

 

 

vaovaoがジプニーに乗ってみた〜♪


今日は、ビクトリアプラザ(Victoria Plaza)・モールまでジプニーで行ってきます!


<手順>


1.ビクトリアプラザ(Victoria Plaza)・モール行きのジプニーを見つけよう


おお、来た来た。すぐ来たな、ラッキー!
「V-PLAZA」って書いてる!
そんまんまやん!笑

f:id:davavaovao:20161028213738p:plain

 

2.目的のジプニーを見つけたら、手を挙げて、「私、乗ります!」ってアピール。


止まった、止まった。

 

3.止まってくれたら、いよいよ乗ります。

 

どこに座ろ〜

f:id:davavaovao:20161028214943j:plain

 


適当に好きなところに座りましょう。vaovaoはできるだけ、手前(運転席から遠い方)に座るようにしています。前の方は、エンジンがあって、暑いのと、降りるときに他の人の足を踏みそうになるからです。


混んでいて、座りにくく、席を詰めてもらう時は、Excuse (すみません)・・・」と言いうのがマナーみたい。よく乗ってくるときに行ってるのを聞く。でも、シャイなvaovaoはまだ言ったことがない。

 

4.お金を払おう


8ペソ(約18円)あるかな〜
よし、8ペソを握りしめて、手を伸ばします。

f:id:davavaovao:20161028214502p:plain

 

そしたら、運転手に近い乗客が手を伸ばしてくれて、運転手に渡してくれます。

f:id:davavaovao:20161026191725j:plain

f:id:davavaovao:20161026191624j:plain


vaovaoは面倒くさがりなので、お金を払うときはバイヤード ビクトリアしか言いません。乗ってすぐに払うと、どこから乗ったのか特には聞かれません。

 

*ある日、

8ペソちょうどがなく、10ペソを払って、お釣りをもらおうと思ったら、お釣りをなかなかくれないということがありました。

vaovao焦ってばおばお・・・

シャイなvaovaoが勇気をふりしぼって、「2ペソちょうだい」と英語で言ったら乗客の一人が現地の言葉で伝えてくれたけど、運転手は無反応。

ばおばお・・・

それでも諦めないvaovaoは降りる間際にもう一度勇気をふりしぼって、「2ペソくれへんかな〜?」と聞いてみると、最後の最後でやっとくれた。ばおばおした乗車でした。

 

*普通はちゃんとお釣りくれます・・・

 

5.乗客が増えてきた


ジプニーの運転手は道路脇でジプニーを待っている人に「おい!乗れ、乗れ!空いてるぞ!!」とあと何人乗れるか指で合図をしながら、客引きをします。

運転手は乗客の頭数しか数えていません!たとえ、乗客が小さい人が多くても大きい人が多くても同じです。


もう、ぎゅうぎゅう・・・


と思ってても、運転手は客引きをギリギリのところまでします。


いやいや、むりむり。


しかも、

vaovaoの隣に座ってる人、大きい・・・(=体温が高い)


暑い、暑い

 

6.到着


そんなんことをしていると到着!


パーラー(降ります)と言ってみる


あれ、気づいてくれない

声小さかったかなー


天井をコンコン叩く
同時に乗客が「降りるってよ、止めてあげて」と言ってくれる


止まった!


ふう、やっと出れる

 

ビクトリアプラザ・モールに到着!

f:id:davavaovao:20161028215339j:plain

 

 

*注意
・5:30くらいは帰宅する人が多く、混んでいて、ジプニーに乗りたくてもいつも見つかりにくいです。できるだけ夕方の時間帯は避けましょう。


・また、21時頃になると走っているジプニーは少なくなります。vaovaoは一度油断をして、見つからず、家まで歩いて帰ったことがあります。気をつけてください。

 

 

 

ここのモールはvaovaoが知っているモールの中で、一番安い。服の値段には驚きです。そんなビクトリアプラザ・モールのレポートはまた今度〜

 

 

ばおばお〜